Category Archives: ハワイからの地球人学級

第22回 「育児はがまんくらべ」

ALOHA! 新緑の日本では、行楽シーズンですね。ご家族揃って楽しむ時間が沢山とれる季節でもありますね。でも、日本では暑さが急上昇しているそうですから、お体もお気をつけください。

こちらハワイもお天気がはっきりしない日が、毎年増えているような気がいたします。地球温暖化の影響は、世界中で様々な影響を与えているようですね。
「地球は青かった」とは、宇宙飛行士の有名な言葉ですが、もはやそれは過去のことになってしまうかもしれません。「地球の青さが薄らいでいる。しかも東アジアが特にひどい。」とは最近のある宇宙飛行士の言葉です。青い空と青い海を、子ども達にはいつまでも残して上げたいですね。それは、生命の喜びの色ですから。

私たちの故郷地球をいとしむように、お子さんは親御さんにとって掛替えのない宝です。昨日は知人の若い白人カップルが、生まれて間もない息子を連れて来て私に紹介してくれました。「へーえ、パパとそっくりな目をしているじゃないの」と私が言うと、若い父親は笑みを顔いっぱいに浮かべました。アメリカ本土からハワイに渡ってきた若い二人が、ようやく生活が落ち着き家庭を築くことになったのです。お二人の幸福感がそのまま愛情となって、生まれて2ヶ月のお子さんをやわらかく包んでいました。

皆様の中には、‘そんな頃もあったな~。’と思い出される方もいらっしゃるでしょう。そんな天使のような存在のお子さんが、一人で動き回り、物をいい、幼稚園に行くようになるまでの子育ては、楽しいばかりではない体験をしていらっしゃる方も多いと思います。子どもが幼い時期の子育ては、親御さんに特に体力と忍耐が要求されます。この要求に答えられないと、幼児虐待のような悲惨な結果になりかねません。

私の娘達が日本で幼稚園に通い始めた時、長女は5歳で年少組でしたが、次女は4歳でその下のピヨピヨ教室に週3回通いました。長女は集団生活に溶け込むのは早い方でしたが、次女は「わが道を行く」タイプでした。ある朝、幼稚園に行く時間になって長女はすっかり出かける用意が出来ているのに、次女はまだ朝食を終わらせずにべビィーチェアーに座ったままです。その朝の朝食が気にいらなかったのか、幼稚園に行きたくないのか、はたまた私の堪忍袋がいつ切れるのかをためしているのか、、、、、何を言っても非協力的でした。幼稚園に遅れてしまうと心配する長女に、これでは不公平です。しかも、朝食途中で次女を幼稚園につれて行ったら、今後も実力行使をして非協力的な人になってしまう恐れもあります。本とにこの時は、私の手が次女にかかりそうでした。次女は、こちらの煮えくり返りそうな感情など気にもせず、鼻歌など歌いながら朝食をこね回しています。長女も見ていることです。私は冷静を取り戻して、即断をしなくてはなりません。状況から見て、次女のペースに乗らないこと。しかも、長女の要望を無視はできません。長女を幼稚園に連れてゆく間、10分足らずとはいえ、一人残される次女に何かがあっては困ります。次女はべビィーチェアーから降りないように充分に言い聞かせました。そして、その間に朝食を食べ終えるように言い聞かせました。私は長女だけを自転車に乗せ、何とか幼稚園の時間に間に合わせました。

急いで帰宅すると、次女は言われたとおりべビィーチェアーに座ったままで、私をほっとさせました。でも朝食もそのままです。朝食が済んでいれば、もう一度次女を連れて幼稚園に行こうと思っていたのですが、こうなると次女とがまんくらべをする必要がありそうです。朝食が終わるまで、チェアーから降りないように次女に厳重に伝えました。幼稚園を休ませても、娘にとってこれは重要なレッスンであると、私は決めました。そして私は自分の予定通り家事を行いました。次女にちらりちらりと目をくばりながらも、相手にはしませんでした。

次女は,半日椅子に座っているのにも飽きてしまったのか、11時ごろになって
「マミー、終わったよ!」と私を呼びました。この頑固娘は、4時間たってやっと朝食を終らせました。そして彼女も私の頑固さが解ったようで、翌日からは、さっさと朝食を終わらせるようになりました。本当に子育てはがまんくらべです。

小さい時かなり我が強かった次女ですが歳と共にまーるい性格になってゆき、いつも何かにつけ心配ばかりしていた長女が歳とともにリーダー・シップを発揮するようになりました。子どもの成長はやはりー長~い目で見なくてはなりませんね。その時の状況や感情だけで、「この子は~だ」と決めつけてはいけません。
子どもの成長過程で芽生える様々な可能性を、摘み取ってしまいかねないからです。がまんくらべの報酬は、親子ともに成長ができることです。

あれから18年以上がすぎ、自然が大好きで教育に情熱を注いでいる次女と、都会派で芸術や近代技術に長けた長女ですが、二人ともそれぞれに私の良き友達でもあります。そして今となっては,がまんくらべは懐かしき思い出です。

ノブコ タカハシ ムーア

************************************
パパイヤ
「お父さんの嫌いな果物はなんでしょう?」と日本のなぞなぞにありましたが、パパイヤはここハワイではみんに愛好されています。以前パパイヤの小さな苗をいただき庭に植えたら、3年後には大木に成長して美味しい実をいっぱいにつけてくれました。緑色の実が黄色になったらさっさともぎ取らないと、鳥に先を越されてしまいます。私は、熟れたパパイヤをま二つに切って中央の黒い小さな種を取り除き、レモン汁をかけて食べる食べ方が好きです。でも沖縄やフィリピンから来た人たちは、熟す前の緑色のパパイヤを利用した料理も知っているようです。
さらに詳しいことはこちらをどうぞ!
http://www.miyosi.co.jp/vegetable/papaya/
http://www.hana300.com/papaiy.html

************************************

多民族社会ハワイから異文化理解に役立つ情報を発信している スクール ハウス インターナショナルの運営者です。異民族間 結婚の家庭で育つお子さんの生活環境、多民族化がすすむ日本社会 で国際人教育を必要とされている日本の子どもたちの家庭環境を 一日も早く整えるために、自分の体験に基ついて語ります。 ご参考にしていただければ、大変嬉しいです。

<ノブコ タカハシ ムーア>
関東学院女子短期大学英文科卒業後、デンマークのInternational Peoples’ College で 23カ国の学生と共同生活をしながら、国際理解、国際平和を学ぶ。帰国後 民間ユネスコ活動に出会い以来30年間日本社会の国際化の最先端で様々な 国際交流プログラムを企画実施する。1993年3人の子どもたちの学校教育の為 ハワイに移民。同年それまでの体験をまとめた「集まれ!地球の子ども達」を出版。 School House International のホームページはこちら>>

第21回 「わがままと自己主張」

Aloha! 皆様お元気でしょうか? 新しい年度がはじまり、日本では春たけなわのことでしょう。春の花々が色を競い合えば、すぐに新緑が芽吹き緑に覆われた季節が待っていますね。夏の暑さを予感しながらも、緑を渡る風の心地良さに暫し生きるエネルギィーを施してもらえますよね。

日本のように四季のないこちらハワイですが、微妙に雨季と乾季の季節が分かれます。雨季は11月~3月、乾季は4月~10月ですが、最近は地球温暖化のためか、明確に分けにくくなっております。雨季の期間でも、乾季の期間でも、晴れればちょうど日本の5月の新緑の季節のようなすがすがしさです。萌える緑に、海の青さがコントラストを描くのですから、それは絵葉書のような美しさです。

そんなハワイの美しさを求めて、春休みは大勢のお子様連れの日本人観光客の方々が来られました。最近の日本のお子さんは、はっきりと物を言える子が増えているような気がいたしますが、皆様はいかが思われますか?解らないことは遠慮なく質問されるし、自分の好みも明確に説明されます。これは大変良いことではないでしょか。但し、自分と直接かかわりのないことへの関心度は・・・・、
いかがなものなのでしょうか? ふとそんな疑問が、私の脳裏をかすめます。
つまり、物を見る目が自分中心になり過ぎていないかとの疑問です。

「日本人は自己表現が苦手であり,下手である」と、欧米の知識者の多くから長年に渡って指摘されてきました。日本社会においては、皆と同じであることが社会ルールの前提のような社会風習があるので、人との違いを表現することはかなりの勇気を必要とされます。学校教育においては、個性を認める教育とかスローガンでは言われても、管理教育ではそれを実現することは大変厄介なことなのです。教育のみならず、何においても管理する場合は、統一された基準があった方が、ずーと楽に管理出来ます。そういう管理体制の中で、個性尊重と言っても、熱い油の中でアイスクリーム・天ぷらを揚げるようなものです。

すると、各児の個性を尊重した教育が、学校現場より重要となるのは家庭となりますよね。自己表現は個性に合わせて千差万別ではありますが、お母様、お父様、すでにお気つきのように、幼稚園児になりますとお子さんの自己表現の一つである自己主張が多くなってきます。「いやだ!」「だめ!」「いらない!」「やらない!」「つまらない!」「買って!」「嫌い!」等、どこからこんな風に言葉の使い方を覚えたのかと驚くほど、子どもの自己主張語が極端に増えます。これは成長期において当然起こりうる現象ですが、親も生身の人間です。これらの主張に、やり込められたり、反発したり、感心させられたり、、、、
これも親業のレッスンの一つです。このレッスンは親でないと受けれない、大変ありがたい授業なのですが、要注意点があります。

それは「この授業の主導権を子どもだけに与えてはいけない」ということです。
主張は誰でも出来ます。でも、その主張を受け入れるか否か、その判断は大人がしなくてはなりません。場合によっては、お子さんと話し合いの上、という得策もあるでしょう。 5歳6歳の子どもの主張は、自分の経験や感情に基ずいていますが、やはり生まれて数年後の子どもの判断力と親御さんの判断力では、雲泥の差があります。それ故法律でも,子どもには責任をもたせません。5,6歳どころか、私は時々14歳の我が息子にも、この判断力の幼稚さを知らされ親の責任を再認識させられます。

お子さんだけに主導権をもたせると、それは「わがまま」を増長させてしまいます。自分の主張は何でも受け入れられると思い込み、自己中心的な判断をするようになるからです。今度自分の主張が受け入れられない環境におかれた時、どのように対処するのかわからず、いじめに走ったリ、暴力的になったり、自己嫌悪におちいったり、、、、、、、、と良い結果は生まれません。

お子さんの主張をお互いの話し合いによって受け入れるかどうか決めたり、親の判断を説明して決めたりする時、コミュニケーションの大切さを親子共に学べますし、色々な考え方の違いがあることも学べます。又親が示す様々な具体例によって、小さな頭脳は親の偉大さを学ぶでしょうし、自分の知らない世界があることや他人とのかかわりの大切さも学べます。たとえ主張が受け入れなくとも、そうやって教えてくれる親の存在の有難さを感じるでしょうし、そこに言い尽くせぬ愛情の温かみを解ってくれるはずです。それこそが、本当の個性教育です。大人にとっては実に忍耐のいることであり、聡明で率直な子どもに立ち向かうのですから、それ以上に聡明で寛容な態度も要求されます。ですから、これは親としての大事な試練のレッスンなのです。

さあ、今度お子さんが自己主張を強くしてあなたを困らせた時、これは大切な授業をお子さんが与えてくれていると思って、ありがたくこの授業を受けてみてください。時々お子さんはあなたの愛情を確認したくて、このような手段を使うこともありますよ。そういう時は理論や理屈よりも、態度で示しましょう。

どのようにあなたの愛情をお子さんに示すか解らない方へ:
欧米のような抱擁やキスが生活習慣になくても、お子さんが大事にしていることに関心をもったり、お子さんとの時間を作ったり、あなたが幼い頃に親からしてもらって嬉しかったことをそのままお子さんにして上げたらどうでしょうか。
あなた自身が自己主張の苦手な方なら、お子さんに見習ってこれから自己主張のし方を取得いたしましょう。決して「わがまま」にならないようにね!

ノブコ タカハシ ムーア
************************************
ハワイ語―マカイ対マウカ
ハワイで良く聞く挨拶言葉は、アロハやマハロ(ありがとう)がありますが、
方向を尋ねる言葉としてマカイとマウカがあります。ハワイ語でカイ―Kai
とは海を意味し、ウカ—Ukaとは山を意味します。つまり東西南北の言葉
ではなく、海の方・山の方と表現して方向を示します。ご存知のようにハワイ
諸島は海底火山の噴火によって誕生しているので、どの島にも噴火によって
出来た山があります。昔は山から海へと、パイを切り分けるように、領土を
分配したそうです。そうすれば山の幸も海の幸も各領土平等に収穫出来る
からです。今でも気象情報や道路情報で、日常語として使われていますし、
広いアラモアナ・ショッピング・センターでお店を探す場合も「マウカ側
ですか?マカイ側ですか?」と聞かれます。
日本人にはkai = 海なので覚え安いかも知れませんね。
************************************

多民族社会ハワイから異文化理解に役立つ情報を発信している スクール ハウス インターナショナルの運営者です。異民族間 結婚の家庭で育つお子さんの生活環境、多民族化がすすむ日本社会 で国際人教育を必要とされている日本の子どもたちの家庭環境を 一日も早く整えるために、自分の体験に基ついて語ります。 ご参考にしていただければ、大変嬉しいです。

<ノブコ タカハシ ムーア>
関東学院女子短期大学英文科卒業後、デンマークのInternational Peoples’ College で 23カ国の学生と共同生活をしながら、国際理解、国際平和を学ぶ。帰国後 民間ユネスコ活動に出会い以来30年間日本社会の国際化の最先端で様々な 国際交流プログラムを企画実施する。1993年3人の子どもたちの学校教育の為 ハワイに移民。同年それまでの体験をまとめた「集まれ!地球の子ども達」を出版。 School House International のホームページはこちら>>

第20回 「人への思いやり」

ALOHA!みなさまお元気ですか? 
3月になると、日本ではもうすぐ春ですね。春一番が吹き、春の花々のたよりが南のほうから北上してきますね。そして、桜前線も活発になってくる季節で、さぞ皆様の気分を晴れやかにしれくれることでしょう。皆様がたの中には、お子さんがもうすぐ幼稚園に入園なさる方、又卒園なさる方もいらしゃることでしょう。

こちらハワイでは、それぞれの学校が採用するカレンダーによって8月か9月が新学期となります。
5歳前まではプレスクールに通っても、5歳になると公立小学校に付属している幼稚園に一年間通います。
小学校一年生になる前に集団生活に慣らせる為でもあるのでしょうが、若い親御さんは共稼ぎが多いので大いに助かります。

日本では子供の出産率が低下しているので、一人っ子のご家庭も多いですね。
アメリカでの同じ数字を私はもっていないので正確な比較は出来ませんが、アメリカには様々な形態の親子関係があるので、日本より親子関係も個人主義が強くなると思います。
例えば親の離婚によって母子家庭・父子家庭(これは日本でも増えているようです。)もあれば、親同士の子ずれ再婚でいきなり兄弟・姉妹が増えたり、こちらでは養子制度も盛んですから年齢のひらいた兄弟・姉妹がいたり、子供を育てる資格を認められない親の子には代理親がいたりします。

母方のおじいさん・おばあさん、父方のおじいさん・おばあさん、そして両親に囲まれて一人っ子でも真綿に包まれたような環境で育つ日本の子どもは、こちらの特殊な家庭環境の中で育つ子どもにしてみれば天国のような家庭環境かも知れません。
ハワイには大家族主義の民族も多いので、一般的にはポリネシア系,アジア(特にフィリピン,ベトナム、韓国,中国)系では、親戚がお互いに子どもを面倒見ることもあります。
日系人に関しては、ここに2代、3代と住んでいる人達で家族が多い人はやはり大家族主義になりますが、移民して来たばかりの日本人は親戚もいないので当然同じような環境の人達と交流が広がります。
私はハワイでは、この最後の仲間に属しています。

どのような家庭環境においても、子どもには人との関わり方のルールを教えなくてはなりませんよね。
孤島に一人だけで住む人生ならともかく、血のつながりがあろうとなかろうと人と関わらずに生きる人生は不可能だからです。
人間は感情の動物である以上、お互いの感情がスムーズに交換出来き、お互いの感情が満足で膨らむような表現が出来るようにした方が良いとは思いませんか?

真綿で包まれている環境にいると、このような感情の相互交換に必要なルールをつい忘れがちです。
つまり、‘やってもらって当たり前’との考え方がはびこってしまうからです。
どこの国でも、どの民族でも、年寄りにとって孫は可愛いものです。自分の子どもに注ぎきれなかった愛情をゆとりをもって注げれるのは、やはり仕事の一線を退いてからになってしまいます。
私も小学生の時は、寝起きを祖父母と共にしていました。
昔の年寄りに比べて、今のシルバー・エイジは、時間のゆとり経済的ゆとりがあるのではないでしょうか。ましてや、愛情を注ぐ対象の孫の数は圧倒的に少ない訳ですから、母方・父方の両方からそれぞれ4本の手が出されることになります。ここで祖父母からの援助をどのように親が受け取るかで、お孫さんのおじいさん・おばあさんへの態度も変わってきます。

親子の間でも礼儀作法はきちんと示すこと。他の家族の愚痴を本人がいないところでしないこと。年長者をいつも敬う言葉・態度を示すこと。家族の中に色々な人(異性,年齢差、考え方や性格)がいることを認識させること。そして、その上で、人への思いやりを示すこと。家族関係の中で思いやりを‘わずらわしい気つかい’としてではなく、愛情表現の一つとして学んだ子どもは、大人になっても親への思いやりを忘れませんし、社会に出ても暖かい心の持ち主となります。

子とも達は、親が自分の親にどのように接するかをしっかり見ていますからね。そして自分が歳をとた時、自分が親にしたような接し方を我が子が自分にしてくれるようです。家族の間での思いやりを、英語ではLOVEと呼びますし、ハワイ語ではALOHAとも呼ばれることがあります。勿論家族間だけではなく他人への思いやりも、時と場合によってはLOVEと呼ばれます。

さあ今日も、ご家族の間で思いやりをいっぱい表現して上げて下さい。
お子さんにとってそれこそ家庭の温かさになるはずです。

ノブコ タカハシ ムーア
************************************
ハナウマ湾
私の住む近くに、火山のカルデラが海の波に侵食されて湾になってしまった、ハナウマ湾があります。この湾には珊瑚礁が生殖し熱帯の美しい魚が泳ぎ、かつてはハワイ王朝しか入れない神聖な場所でした。エルビス・プレスリーの映画「ブルー・ハワイ」で紹介されて以来、観光の名所となっています。ハワイに来たばかりの頃私は、珊瑚礁の間を美しい魚と泳げるこの湾に幼い我が子達と通っいました。さらに詳しい情報は次のウエブサイトでどうぞご覧下さい。
http://www.hanauma1.com/
************************************

多民族社会ハワイから異文化理解に役立つ情報を発信している スクール ハウス インターナショナルの運営者です。異民族間 結婚の家庭で育つお子さんの生活環境、多民族化がすすむ日本社会 で国際人教育を必要とされている日本の子どもたちの家庭環境を 一日も早く整えるために、自分の体験に基ついて語ります。 ご参考にしていただければ、大変嬉しいです。

<ノブコ タカハシ ムーア>
関東学院女子短期大学英文科卒業後、デンマークのInternational Peoples’ College で 23カ国の学生と共同生活をしながら、国際理解、国際平和を学ぶ。帰国後 民間ユネスコ活動に出会い以来30年間日本社会の国際化の最先端で様々な 国際交流プログラムを企画実施する。1993年3人の子どもたちの学校教育の為 ハワイに移民。同年それまでの体験をまとめた「集まれ!地球の子ども達」を出版。 School House International のホームページはこちら>>

第19回 「思い出つくり」

ALOHA! 皆様お元気でいらっしゃいますか?風邪などひいていませんか?
「常夏の島ハワイ」とは誰がつけた形容詞か知りませんが、どうやらこの形容詞は返上した方がよさそうです。五日間も太陽の出ない日が続くと、この間にハワイに来られて帰えられた観光客の方々は、まるで詐欺にでも合った気分になってしまいかねません。

気候が人間の生活様式や習慣に大きく左右していることは世界共通の事実ですが、季節ごとの行事も人間生活に大事な節目となっておりますよね。先月の1月の末に成田空港からホノルルに戻る時、空港のお土産店では節分の豆や雛人形が並んでいました。日本のカレンダーなら、その後に桜-入学式、新緑-こいのぼり、梅雨と続きますね。ワンパターンな発想ですが、何故か日本人ならその発想に共感してしまう、、、、、、何百年、何千年もの時間が日本列島の上を流れている間に、そこに住む人達の心に日本の四季の移り変わりがしっかりと記憶されているからなのでしょうね。

その点、ハワイのカレンダーには月ごとの固定イメージはありません。しいて探せば、12月のクリスマスと2月の旧正月(チャイニーズ・ニューイヤー)くらいでしょう。もっとも旧正月は、クリスマスほど全島あげての盛り上がりには欠けますが。スポーツをする人には、其々のスポーツごとのカレンダーはあります。
例えば12月のホノルル国際マラソンがそうです。多民族社会ハワイには、民族ごとに独自のカレンダーをもっている人達もおり、結局ハワイのカレンダーのイメージには季節感の伴わない風光明媚な写真が採用されます。この辺にも、「常夏の島ハワイ」の形容詞のいわれがあるのかもしれませんね。

さて幼い子ども達にとって日常生活と異なる行事や祭りは、忘れられない出来事ですよね。私にもあります。夏祭りの終わる直前に、綿菓子を母にねだって、あわてて綿菓子を買いに行きました。もう屋台はかたずけ始めていました。ピンクのふわふわの大きな綿菓子を手にして上機嫌の私でしたが、雨がポツリポツリ降り始めました。当時はビニール袋などなかったのです。ふわふわの綿菓子が雨に濡れないように私は必死でかばいましたが、家に着くとべっとりと濡れた縮んだ綿菓子になっていました。今でこそ一年中手に入る綿菓子ですが、当時は祭りの屋台でしか売っていませんでした。それなのに雨に食べられてしまって、、、、。
「世の中には思い道理に行かないこともある」との教訓を、あの時私は教わったのかもしれません。

嬉しい思い出、悲しい思い出、悔しい思い出、感動的な思い出、人生には様々な思い出がありますよね。思い出をビーズのように一つずつ時間の糸で繋げたら、それがきっと人生と呼べるものになるのでしょう。それなら、美しい思い出のビーズを、お子さんと一緒に繋げたくなりませんか。お子さんの笑い声を空色のビーズに、お子さんの笑顔を桃色のビーズに、お子さんの輝く瞳を緑色のビーズにして繋げたら、みなさんのご家庭に素敵なビーズのレイがいっぱい出来ますよ。
でも糸を補強することもお忘れなく。しっかりした糸で導いてくれる人がいるから、お子さんの笑い声も笑顔も輝く瞳も見つけられるのですものね。

さあ、お父さま、お母様、お子さんと素敵な思い出を一杯繋げていってくださいね。お金をかけなくても、自然を観察する目があれば、ユーモアを解するセンスがあれば、照れや見栄をすてて童心に返る心があれば、日常生活の中に結構思いで作りの材料があるはずです。

今夜はどんな思い出をお子さんとつくられますか?
私も楽しみにしております。

ノブコ タカハシ ムーア
************************************
ハワイの旧正月
今年2月9日は旧正月と、ハワイのカレンダーには記されています。ホノルルの市庁舎があるダウンタウンの西隣一角はチャイナ・タウンがあり、中国系の人達の経営するお店が建て込んでいます。息子が小さい時に、旧正月の日にこのチャイナ・タウンまで出かけたことがあります。爆竹の音と煙、そしてライオン・ダンス(日本の獅子舞の様です)に多くの人達の興奮が渦巻き、中国人のエネルギーを感じさせられました。ライオン・ダンスのライオンの口に皆が次々とお金を入れるのです。日本で言うご祝儀なのでしょう。最近は日本でも御神輿保存会が発足して、神輿の担ぎ手が若い人たちの間で増えているように、こちらのライオン・ダンスも若い人たちに継承するように努力されているようです。そろいのT-シャツを着た若者や子ども達が、チャイナ・タウンを遠く離れたこちらのショッピング・センターまでやってきて、ライオン・ダンスを披露してくれます。白人の店主たちが、ライオンの口にお金を入れて中国の赤いお札を有難そうに店に飾る光景を見るのは、なんとも微笑ましいです。その店にはすでに日本の招き猫が何匹か並んでいたりするのですから、、、、。私には、中国人の同僚が持ってくる正月菓子を賞味できるという、おまけもついてきます。
************************************

多民族社会ハワイから異文化理解に役立つ情報を発信している スクール ハウス インターナショナルの運営者です。異民族間 結婚の家庭で育つお子さんの生活環境、多民族化がすすむ日本社会 で国際人教育を必要とされている日本の子どもたちの家庭環境を 一日も早く整えるために、自分の体験に基ついて語ります。 ご参考にしていただければ、大変嬉しいです。

<ノブコ タカハシ ムーア>
関東学院女子短期大学英文科卒業後、デンマークのInternational Peoples’ College で 23カ国の学生と共同生活をしながら、国際理解、国際平和を学ぶ。帰国後 民間ユネスコ活動に出会い以来30年間日本社会の国際化の最先端で様々な 国際交流プログラムを企画実施する。1993年3人の子どもたちの学校教育の為 ハワイに移民。同年それまでの体験をまとめた「集まれ!地球の子ども達」を出版。 School House International のホームページはこちら>>

第18回 「家庭教育の重要性」

新年おめでとうございます。皆様お健やかにお正月を過ごされたことと思います。

本年もお付き合いの程、どうぞ宜しくお願いいたします。

昨年に続きハワイのお正月は雨降りでした。折角お正月休みに常夏のハワイに来られたのに、太陽の顔を見ずに帰られた観光客の方も多かったようです。お気の毒でした。

今日は久々の晴天で、水平線がくっきりと見えるハワイ晴れです。この静かな水平線がいきなり盛り上がる津波を想像すると、インド洋沿岸で津波の被害に合われた方々の恐怖心が伝わってきます。亡くなられた多くの方々にお悔やみを、被害に合われた方々に心からのお見舞いを申し上げます。過去の教訓から、太平洋沿岸地域には津波警報システムがしっかりと出来ているようです。インド洋沿岸にも、このシステムが一日も早く導入されますように。そして、被害に合われた方々が、平和な日々を一日も早く取り戻すことが出来ますように。

自然の威力の前にあっては、人間の力は、本当に微々たるものですね。そのか弱い力を、偉大な力に変えるのには人間の英知が必要です。幾たびも繰り返される河川の氾濫を食い止めるために、川沿いに松を植える知恵を唱えたのは二宮金次郎でした。私の小学校時代には、薪を背負いながら本を読んで歩いている二宮金次郎の銅像が何処の学校の校庭にもありました。木造校舎が、鉄筋のビルに変わった頃から、校庭も狭くなり、二宮金次郎の銅像も姿を見せなくなったようです。
(二宮金次郎についての詳細は次のウエーブ・ページでどうぞ。)
http://www.ai-trip.com/trip/kinjiro/
http://www.terumori.jp/ninomiya.html

人間の英知を集めて、今インド洋沿岸諸国では復興の歩みを始めていますが、未来を築く多くの子ども達の被災は本当に心が痛みます。

子どもが育つ為には生きる為の必需品を親が用意する必要があります。食べさせること、着させること、そして安全に休める場(医療もこの分野に含めます)を確保すること。衣食住の確保は、人間誰にとっても最低限の生活権利としての必需品であり、親が子どものために確保出来なければ、社会が、国が、確保を要求されます。被災地の子ども達の救援のために、国連諸機関の中では先ずユニセフ(国連児童基金)が動き衣食住の確保をするのです。つまり、ユニセフは親代わりとなって子供たちに安全な生活圏を確保するために活動をします。
(日本におけるユニセフ協会:http://www.unicef.or.jp/)

次に子ども達に必要なのは教育です。教育には、家庭教育、学校教育、社会教育があることは再三ご説明しておりますが、被災地における援助で、ユニセフの緊急援助の次に活躍するのが国連機関の中ではユネスコです。ユネスコ(国連教育・科学・文化機構)が長期計画をもって子ども達の自立とコミュ二ティーの復興の為に活動します。
(日本における民間ユネスコ活動:http://www.unesco.jp/indexb.html)
ユネスコは必要に応じて3つの教育に従事することがありますが、私たち個人の家庭においては「衣食足りて礼節を知る」との教えがあるとおり、衣食住の生活圏が確保出来たら、次に親の役割はモラルを教え、礼儀や節度を教える家庭教育に励まなくてはなりません。もちろん、身(自身)を美しくさせる躾(しつけ)も家庭教育の賜物です。

家庭を失った子どもの悲劇は、生活圏は得られても家庭教育を習得する機会を失う悲劇です。

お父さん、お母さん、皆様の英知を発揮して忍耐強くお子様の力を伸ばして上げて下さい。お子様にとって家庭は本当にかけがえのない世界ですし、世界にとってはどの子もかけがえのない未来の地球人ですから。

ノブコ タカハシ ムーア
************************************
椰子の実
火山の噴火で出来た島、ハワイ諸島にはハワイオリジナルの植物は何もありません。今でこそハワイのイメージそのものになっている椰子の木も、島崎藤村の詩「椰子の実」http://www.asahi-net.or.jp/~LD3T-NSKW/tbyashij.htmlのように波に運ばれて来てハワイの島に辿り着き生殖を始めたか、南国からの移民の人によって持ち込まれたものかは定かではありませんが、いずれにせよ海の彼方から運ばれてきたものです。椰子の木の実は大変硬く、これを鉈ですっぱっと切るのには特殊な技術がいるようです。観光地では、椰子の実にストローを挿してジュースが飲めるようにして売っています。私は余り好物ではありませんが、好きな人も結構いるようです。今回の津波の被災者で6日間海に漂流していたインドネシア男性は、椰子の実のジュースで命を繋ぎ生還しました。南の島にとっては、やはりなくてはならない植物です。
************************************

第17回 「なんで英語を学ぶの?」

ALOHA! ヨーロッパ各地の知人達から、長くて寒い太陽のないヨーロッパの冬の到来を告げる便りが届くようになりました。
以前ハワイの子どもたちに、冬の間太陽を恋しがる北欧の子どもの話をしたところ、大変興味深く聞いてくれました。ハワイの子どもたちには、何ヶ月も太陽が顔を出さないことは、信じがたいことなのです。ヨーロッパの冬を体験すると、冬でも太陽が拝める日本やハワイは、本当にありがたい恵まれた気候です。

さて、日本における英語熱は相変わらず高いようですね。
「短期間で英語がしゃべれるようになる」とのキャッチ・フレーズは、アメリカの「短期間で痩せられる」とのキャッチ・フレーズ同様に、日本では多くの人を引き付けるようです。

アメリカ経済が世界経済を大きく影響するようになり、英語が国際語としての地位を確立してしまった以上、国際間のコミュニケーション手段としての英語習得にはそれなりの意義があると思います。しかし、英語を学習することと、日本語をおろそかにすることは、異なるはずです。むしろ母国語を豊かに使いこなせる人の方が、コミュニケーション・技術も向上し、英語の習得にも拍車がかかります。

私は、以前から日本人観光客の使う日本語が気になっておりました。暦が日本語で言えない(ついたち、ふつかではなくいちにち、ににちとう)、数が正確に表現出来ない(紙を一個と数える)や敬語をオーム返しに使う等。そしたら最近の報道で、日本人大学生の日本語力が日本に留学している外国人留学生よりも劣ると警鐘されていまた。これは大問題です。

お父さん、お母さん、お子さんに綺麗な正しい日本語を一杯聞かせてあげて下さい。本や詩を読んだり、歌を歌ったり、言葉遊び(しりとり、伝達ゲーム、カルタとり等)をしたりして、生きた美しい日本語を一杯浴びさせてあげて下さい。きっとお子さんの脳細胞の隅々まで刺激を与えてくれると思います。

私がスイスでフランス語を学んでいた時、日常会話や下宿のマダムとは仏語、友達とは英語を使い、日本語を使う機会が全くありませんでした。
ある時、夢の中で何語で自分を表現しようかともがいている自分を知り、夢の中で全くどの言葉も
出ない失語症に陥った自分をみました。
夢から覚めて、いやな予感がしました。
その後、ある機会に日本女性と出会い、二人でお互いに思い切り日本語で深みのある会話をしました。
途端に、脳のさび付いていた一部の歯車が、カラカラと回りだしたようでした。実に爽快でした。
その後英語も仏語も苦痛でなくなり、失語症の夢も二度と見ませんでした。

今からでも遅くはありません。お子さんとご一緒に、美しい日本語探しごっこを楽しんで下さい。

本年も一年間お付き合いいただきありがとうございました。
2005年の皆様とご家族のご多幸と、地球の平安を心からお祈りいたします。

来年もお子様たちの笑い声が地球にいっぱい響き渡りますように!

ノブコ タカハシ ムーア

************************************
メレ・カリキマカ!これはハワイ語のメリー・クリスマスですが、ハワイでは宗教色抜きで年末の挨拶言葉になっていす。多民族社会ハワイでは民族ごとにお祝いが異なりますが、年末だけは一緒です。そして、民族を超えてハワイ語が生かされるという、面白い習慣があります。最近ハワイでも地球資源の問題が深刻になり、good for INA と英語とハワイ語(AINAとは大地とか自然、地球のこと)を混ぜた言葉が頻繁に聞かれるようになりました。それでは、皆様メレ・カリキマカ!
************************************

第16回 「生かされる生き方」

Aloha! 日本では秋たけなわでしょうね。あちらこちらで見つけた小さい秋がだんだんと大きく広がった頃ですよね。それにしても今年の夏は台風が多かったですね。その後を追って、新潟地震。被災された方々、そして怖い思いを体験された方々、お見舞い申し上げます。

ハワイでも朝夕や曇り空の日には風が冷たく感じられます。太陽が顔を出せば、すぐ熱くなるのですが、、、、、あらためて太陽エネルギーの偉大さを知らされます。こちらでは、ハロウィーンが過ぎて感謝祭の飾りが季節を告げますが、気の早い商店では、もうクリスマスの飾りが出ています。

先日、ワシントン州の大学に在籍している馬の大好きな次女が、馬の出産に遭遇した話しをしてくれました。小さな大学都市の郊外に広がる農牧地帯を彼女が自転車で通っていたら、馬が横になっているのを見つけたそうです。具合が悪いのかと心配した次女が近ずくと、何と昼間の大地の上で子馬が誕生するところだったそうです。無事出産を見守った娘が感動して、その場を去り、暫くして同じ道を戻ってくるとまたまた感激!生まれたばかりの子馬はすでに4本足で立ち、母馬と一緒に小走りしていたそうです。

色々な動物の成長を観察すると、人間の成長は大変時間がかかるようには思いませんか?親を離れてひとり立ちするまでの時間は、それぞれの生物ごとに持っている時間の計算が異なるのでしょう。

蝉のように数年間も土中で生息し、土から出てさなぎになるや否やほんの数日の寿命の生物もいます。大自然の中には様々な時間が存在します。宇宙時間もあれば、人間の決めた日常の時間もあります。

同じ人間の決めた時間、(つまり1年が365日、1日が24時間といった時間の概念)でも、ときとしては大変早く時の動きを感じることもあれば、その逆に大変遅く感じることもあります。

つまり生きるということは、自分が生かされている実感の継続が時間のレールの上を走っていることなのでしょうね。

そして子どもを育てるということは、子どもに生かされている親の実感を認識することなのでしょう。時には楽しくもあり、時には悔しくもあり、時には狼狽もあり、時には怒りもあり、、、、、子どもと同じ時間のレールの上を走りながらも、その時々によって速度の感じ方も違ってきます。

3歳児のお子さんとは3歳児であればこそ親の生かされ方があり、5歳児のお子さんとは5歳児であればこそ親としての生かされ方があります。親子関係は育児の時だけではなく、一生そして次の世代にもつながってゆく時間のレールの上を走っているのです。生きている、生かされているという実感が多くあるほど、人は充実した人生に満足するようです。

今日、日本にいる90歳の私の父から貰った91歳の田口八重さんの著書「おこしやす」を、私は読み終えました。人間誰しも生かされているという実感は、年を取れば取るほど鮮明になるようです。

お父さん、お母さん、自分のお子さんにご自分が生かされていると感じたことはありませんか?
この子を守ってあげたい!とか、子どもが生きがい!とか、子どもがいて良かった!とか思う
気持ちはお子さんに生かされているためなのです。

今夜はお子さんと素敵な夜をお過ごし下さい。

ノブコ タカハシ ムーア
************************************
フラダンス日本でも中高年の女性の間で人気のあるフラダンスは、大きく分けて古典フラとモダン・フラがあります。古典フラは、日本文化で比較するなら古典歌舞伎のようで、言葉、動き、楽器、スタイルもしっかりと型にはめられています。歌舞伎は物語を演じますが、古典フラは神々に捧げる物語を舞うのです。西洋文明がハワイにやって来て移民を世界中から受け入れるようになると、楽しむ為のフラダンスが生まれました。これがモダン・フラです。古典フラの動きの基本から発展して、動きも、内容も、衣装も、様々な文化の影響をうけて実に豊かです。日本舞踊を習わせるように、お子さんをフラ・ダンスの教室に通わせる親もいます。
日舞の名取と同じように、フラの先生にも特別な格があり、その世界ではしっかりとした上下関係があるようです。
************************************

第15回 「大切なものを大切に」

ALOHA! 世界のあちらこちらから、紅葉のたよりが届くようになりました。
アメリカ本土のワシントン州はもうすっかり秋もふかまったようですし、
ヨーロッパのアムステルダムでも紅葉の美しい季節となったようです。
日本の紅葉というと、私は真っ先に紅色のもみじと黄金色のイチョウを思い出します。ハワイでは紅葉を楽しみながら季節の移り変わりを知らせてはもらえませんが、スパーマーケットに漢字で梨とかかれたペアが並びハロウィーンの商品やカボチャが並ぶと、秋の到来を知らされます。

人にとって大切なものは、その時代、心情、生活環境等によって様々に変わりますよね。高校時代私にとっての宝物は、国連マークの付いたエアー・メイル

(航空書簡)でした。当時「国連ガイド」になりたくても、相談相手もなく情報も殆どありませんでした。40年ほども前のことですから、もちろんインターネットもありませんでした。そこで思い切って、ニューヨークの国連本部に問い合わせの手紙を出しました。その返事が届いた時の驚きを嬉しさ!国連本部の広報部にすれば問い合わせに応答した当たり前のことではあったのでしょうが、私にとっては「この世の中、自分の気持ちを現したら何処かに受け止めてくれる人がいるのだ!」との感動まで伴なって届いた、国連マーク付きのエアー・メイルでした。その後数年間、この宝物は私の手元にずーとありました。

他人にとってはたわいのないものでも、本人にとっては大切なものって沢山ありますよね。子ども達も同じです。大人にとって大切なものでも子どもにとってはつまらないものであったり、子ども達にとっては宝物であっても大人にとってはガラクタであったり、、、、、、、、、。

今はワシントン州の同じ大学に在籍している私の娘二人が、日本で幼稚園に通っていた頃、ママゴト遊びに夢中になっていました。泥に水を加えては、パイやケーキを作り、木の葉、木の実、小石や小枝で、パイやケーキを飾り立てては悦に入って満足していました。その頃の娘達にとっては、河原で見つけた美しい小石や海に行った時拾った変わった形の貝殻が大切に小箱に入れてありました。道端で見つけた美しい鳥の羽を、大切にしていた時もありました。自然からの贈り物は、彼女たちにとって捨てがたい大切なものでした。

一方、当時流行していた高価なおもちゃは、めったに娘達には与えませんでした。
経済的理由もありますが、年いった親の目には、子供心を奪うプラスチック製の消費一辺倒のおもちゃには、財布の紐をきつくしたものです。温もりのある木製のおもちゃや工夫を凝らした創作おもちゃには、逆に私の財布の紐はゆるんでしまいます。たまに見つけるおもちゃに娘達は大喜びし、大事にあつかい、おもちゃも長持ちしました。主人も私も昔人間ですから、包装紙、紐、空き瓶、空き缶の再利用を率先しました。物を大切に使うことを考えるようになると、地球資源を大切に使うことにも気ずくようになります。

その子にとってその時の大切なものを尊重して上げることは、とっても大事なことです。他人の大切なものを尊重することを学びますし、いずれ、皆にとって大切なもの-命、自然の恵み、地球環境・資源等―を大切にする心を育ててくれるからです。

お子さんの大切なものをしまっておく引き出しを、時々そっとのぞいてあげて下さい。そこに何が入っているのか、お父さん、お母さん、知っててあげて下さい。
お子さんが自分のお部屋も引き出しも持っていなければ、お子さんの心の引き出しを開けて下さい。なにげない会話の中から、心の引き出しを開けるチャンスがあるはずです。大切なものが理にかなったものなのか見極めた上で、お子さんの大切なものを尊重してあげて下さいね。もしも、理にかなわない、腑に落ちないものがお子さんの引き出しの中に入っていたら、それをとっておく理由を親として知るべきです。こういう時は決して感情的にならずに、冷静になってお子に尋ねて下さい。お子さんの真っ白な、でも小さな心に疼いていた痛みを見つけ出すこともできるのです。

ノブコ タカハシ ムーア
************************************
ハワイの州立図書館
ハワイにきちんとした住所をもつと、州立図書館の書籍やビデオを借りれるカードを発行してくれます。カードを持っていなくても、図書館には誰でも自由に入れます。ただし、飲食は禁止ですし、他人に迷惑になるようなお喋りも禁物です。一番大きな州立図書館は、ダウンタウンにありホノルル市庁舎とアメリカ唯一の王宮であるイオラニ宮殿の間にある州立図書館本館です。
ここには日本語・韓国語・中国語の書籍のコーナーもあります。私はここの中庭にある椅子とテーブルがお気に入りです。風通しが良いですし、静かですし、しかも誰にも邪魔されずに好きな本を好きなだけ読めれます。お子さんの児童書読書コーナーもあるので、観光地とは異なるハワイを体験されたい方にお薦めです。余談ながら、こちらで本をかりると3週間の期限で、借りる数に制限はありません。お陰で私はいつも10冊20冊と抱えて図書館を出てきます。
************************************

第14回 「最近、思いきり笑ったことがありますか?」

Aloha! 今年の夏から秋にかけて南半球の海水の温度が異常高騰したようで日本では台風の当たり年、アメリカ(正確にはカリブ海)ではハリケーンの当たり年となってしまいました。ハワイの夏も、例年よりも不安定な曇り空が多かった気がします。日本ではもう残暑の頃でしょうか?暑い夏だったそうですから、残暑が短いといいですね。

最近は暗いニュースが毎日のように報道され「テロ」という言葉が日常用語になりつつあり、大変残念なことです。毎日緊張の連続、毎時間心配の連続、毎分不安を抱く連続では、どこの国民でも、民族でも、人間の精神は磨り減って心がすさんできます。それがどういう状態かというと、すぐに「きれ」てしまう人間になります。「きれ」て他人に攻撃的になるか、自分に刹那的になり自殺を考えるケースさえも生じかねません。このように自分を「きれ」やすい状態にさらさないためにも、世の中の出来事の正悪を判断する力、自分の人生を前向きに考える力、自分と他人や社会との関わりを肯定的に築ける力を養う必要性が、特に現代人には一人一人に要求されているようです。でも忙し過ぎたり疲れ切ったりした心では、これらの力が養えません。
そんな時何よりもの心の癒しは、笑いです。特に子ども達の屈託のない無邪気な笑いは、だんとつの特効薬です。

大人になると様々なしがらみに縛られ、笑いも、周囲への配慮からの含み笑いであったり、笑える動機も解らず単に周囲につられての笑いであったり、一人で妄想の世界に戯れる忍び笑いであったり・・・、
そんなこんなで天真爛漫な心で笑える機会が減ってしまいます。
でも、子ども達の真っ白な心が、理屈なしの楽しさに感動して上げる笑い声ほど天真爛漫な笑い声はありません。「笑う門には福来たる」
という日本のことわざがありますが、やはりれっきとした根拠があるのです。こちら多民族社会にも、民族間のギスギスを笑いの潤滑油で吹き飛ばしてしまうような笑い話が多くあります。

幼稚園児をお持ちの皆様は、この笑いの特効薬を身近におもちなのですから、羨ましい限りです。お子さん達の屈託のない笑いの渦の中に思い切り飛び込んでください。涙を流すほどに笑った後には、きっとご自分の心が軽やかになったのを感じるはずです。

我が家のように子どもがティーンエイジになると、子どもを正しく大人の世界に導かせるために親の頭脳作戦を要求されるので、単に子どもにつられて笑ってばかりもいられなくなります。時には14歳の息子と腹を抱えて笑うこともありますが、近所の子ども達や通りすがりの子ども達の屈託のない笑いから、心の癒しを分けてもらうことも多いです。

子ども達の屈託のない無邪気な笑いは、幸せの象徴です。そんな子ども達の笑い声が失せないようにするのが、私たち大人の責任です。
こんなに素晴らしい心の癒しを与えてもらえるのですから、子どもの笑い声を守るのは当然の大人の責任ですよね。
今夜は思い切りお子さんと笑いあって下さいね。

ノブコ タカハシ ムーア
************************************
ハワイのコメディアンと笑い話
有名なフランク・デリマは、ハワイの学校に出向いて様々な笑い話を披露しています。 彼自身様々な民族の混血で、様々な文化への造詣も深く多民族社会におけるコメディアンとしての自分の役割も良く心得ているようです。
「神様があなたの願い通りの鳥に変えて上げると3人の人に言いました。アメリカ人は鷹と言って、空に雄雄しく飛び去りました。日本人は鶴と言って、空に優雅に飛び去りました。ポルトガル人はペンギン鳥と言って、海にポチャリと落ちました。」(注:ハワイにはポルトガル人をからかうジョークが多いですが、これはプランテーション時代に砂糖農場主の白人たちから、白人であったポルトガル人が同じ移民である東洋人達を監督する仕事を与えられ優遇されていたその時のひがみが反映しているようです。)
次は、デリマの作品ではありませんが、映画タイタニックが上演された後作られたジョークです。
「沈没しかかっている船に残っている人達に救助隊がやって来ましたが、アメリカ人、ドイツ人、ブラジル人、日本人の4人が怖がって海に飛び込みません。そこで救助隊員がアメリカ人に、-お前には保険がかかっている!と言ったらアメリカ人は海に飛び込みました。-これは命令だ!と言ったらドイツ人は飛び込みました。ブラジル人には、-飛び込むな!と言ったら飛び込みました。日本人には-皆飛び込んだぞ!と言ったら飛び込みました。そして、4人全員が救助されました。」(注:ハワイではこれらのジョークをお互いに笑って済ましてしまいます。目くじらを立てるようでは、多民族社会に生活できません。ハワイに住むとハワイ人になってしまい、自分の民族を客観的に見れるようになるようです。)
************************************

多民族社会ハワイから異文化理解に役立つ情報を発信している スクール ハウス インターナショナルの運営者です。異民族間 結婚の家庭で育つお子さんの生活環境、多民族化がすすむ日本社会 で国際人教育を必要とされている日本の子どもたちの家庭環境を 一日も早く整えるために、自分の体験に基ついて語ります。 ご参考にしていただければ、大変嬉しいです。

<ノブコ タカハシ ムーア>
関東学院女子短期大学英文科卒業後、デンマークのInternational Peoples’ College で 23カ国の学生と共同生活をしながら、国際理解、国際平和を学ぶ。帰国後 民間ユネスコ活動に出会い以来30年間日本社会の国際化の最先端で様々な 国際交流プログラムを企画実施する。1993年3人の子どもたちの学校教育の為 ハワイに移民。同年それまでの体験をまとめた「集まれ!地球の子ども達」を出版。 School House International のホームページはこちら>>

第13回 「親の責任」

ALOHA! 皆様楽しい夏をすごされましたか?

日本からの海外渡航先で、この夏最も人気のあったのがハワイだそうです。一応アメリカ合州(衆)国の一部なのですが、日本語も良く通じるので日本国ハワイ県と勘違いされる日本の方も多いようです。確かにご家族で日本からハワイに来られる方々が毎年増加しています。しかも親御さんの年齢は毎年若くなっているようです。子供がある程度の年齢に達してからご家族揃ってハワイに来られるのではなく、親御さんが行きたい所には乳飲み子でも連れてゆくとの考えなのでしょうか?子供連れで気軽に出かけれる時代の風潮もあるようです。

幼稚園児の年頃は、もうオムツもミルクも持ち歩かなくって済むし、様々な見聞に率直に反応を示してくれるので海外に連れてゆくのには理想的な年頃の始まりだと思います。親御さんたちは躊躇しても、お子さん達は躊躇せずに「アロハ!」(こんにちは!)や「マハロ」(ありがとう)と現地語で大きな声で挨拶してくれます。ついこちらも言葉を返したくなりすよね。ハワイの明るい太陽光線とやさしい風に開放されたお子さん達の元気なエネルギィーから、こちらまで元気をいただかせてもらっております。こういう明るい元気印のお子さんの親御さんは、お子さんとのコミュニケーションも家庭での躾も上手にしていらっしゃるようです。

ただ中には困った親御さんも時々いらっしゃいます。以前にもお話しましたように、お子さんの教育には、人間生活の基本を教える家庭教育、他者との関係や社会ルールを学ぶ社会教育、学問知識と集団生活を学ぶ学校教育がありますが、これらの3教育の区別がつかない親御さんがいらっしゃいます。

例えば、公の場で子供が他の人たちの迷惑になるような行動(勝手に騒いだり、走り回ったり)をとったら注意するのは大人の責任です。私がそのような子供たちの行動を説得して制止すると、そばにいた親は気づかなかったことを侘び私にお礼を言います。ハワイはそれが通常で、これは社会教育としての大人の責任です。ところが、日本から訪れている親御さんの中には、注意する私をにらみつける方もいらっしゃいます。そして「やめなさい!あの人に怒られるから!」と言うような態度をとります。お子さんもその時だけは行動をやめても、こちらの目を盗むようにして、又同じ行為を始めます。親御さんは見て見ぬふり。こうなると、私はその親御さんの家庭教育における親の責任を疑ってしまいます。

こちらでは、未成年者に対する親の責任は日本以上に徹底しています。12歳以下の子供を、18歳以上の保護者・責任者なしに車やホテルの部屋に残しておくと親の責任を法律で問われます。この年齢は日常的な危険や非常時の危険に対する判断が出来ない年頃なので、判断出来る大人を側に置いておかない以上は親の責任を追及される訳です。

以前日本にいた時、近所の子供たちがマッチで遊んでいるのを通りかかった主人が見つけ、英語であったためか、言葉で言っても聞かない子供たちの危険を察した主人が、火のついたマッチを持った幼児の手を払ってマッチを落とさせ火を消しました。そうすると現場にいなかった親達が警察に「子供が暴力をふるわれた」と通報し、警察官が我が家に来たことがあります。私たちは警察官を家に招き、じっくりとこのケースを話し合いました。その結果彼らのアドバイスは、子供への注意には体への接触は避けた方が良いとのことでした。警察官でも、体に触れると問題になるとか。

でも、ケースバイケースがあるのではないでしょうか。私も主人も警察官の常識も説得性もないアドバイスに、呆れてしまいました。火のついたマッチで遊んでいる子供を説得している間に、マッチ棒が短くなり「熱い!」と子供たちが火のついたマッチを投げたらどうするのでしょうか?その火が、近くに散らかっている子供たちの食べたお菓子の包装紙に引火し、風がその包装紙を舞い上げたら、、、。火事さえ起こらなければ、親の責任は全く無いのでしょうか?子供の手の届くところにマッチを置く、その危険性を教えていないのは、親の責任です。でも、親に一日中子供から目を離すなと言っても困難です。だとしたら、危険を察知した大人の責任です。私たちは、この出来事で、日本の子供に対する社会教育意識の貧弱さに本当に落胆させられました。

私の余計な心配かもしれませんが、家庭教育における親の責任の怠慢を棚に上げて、何か起こると社会や学校に責任を追及する親御さんが日本で増えているようですが、、、、。「幼稚園ねっと」を通してお子さんの未来を真剣に考えていらっしゃる皆様方には私の心配は無用ですが、もしも周囲にそのような方がいらしたら何かの方法で気づかせて上げて下さいね。子供は未来社会を築くための、みんなの大事な投資(英語的表現ですが)なのですからね。

ノブコ タカハシ ムーア
************************************
ハナウマ・ベイ
私の住んでいるオアフ島の東部には、火山の火口が波に洗われて出来たハナウマ・ベイ(湾)があります。その湾は、長い歳月が培った珊瑚礁が生息し、古代ハワイ王族しか訪れることのない神聖な場所でした。時代が変わってエルビス・プレスリーの映画「ブルー・ハワイ」でハナウマ・ベイが紹介された頃から、観光地として一躍有名になりました。現在では珊瑚礁保護のために、色々と規制もありますが、スノーケルをつけて魚たちと泳げれるこの美しい湾には是非一度訪れて下さい。指定された魚の餌を買って水辺で魚たちと戯れるのも楽しいですよ。
************************************

多民族社会ハワイから異文化理解に役立つ情報を発信している スクール ハウス インターナショナルの運営者です。異民族間 結婚の家庭で育つお子さんの生活環境、多民族化がすすむ日本社会 で国際人教育を必要とされている日本の子どもたちの家庭環境を 一日も早く整えるために、自分の体験に基ついて語ります。 ご参考にしていただければ、大変嬉しいです。

<ノブコ タカハシ ムーア>
関東学院女子短期大学英文科卒業後、デンマークのInternational Peoples’ College で 23カ国の学生と共同生活をしながら、国際理解、国際平和を学ぶ。帰国後 民間ユネスコ活動に出会い以来30年間日本社会の国際化の最先端で様々な 国際交流プログラムを企画実施する。1993年3人の子どもたちの学校教育の為 ハワイに移民。同年それまでの体験をまとめた「集まれ!地球の子ども達」を出版。 School House International のホームページはこちら>>