全国の幼稚園 >  関東の幼稚園 >  茨城の幼稚園 > 結城市の幼稚園 > 富士見幼稚園

  • 富士見幼稚園詳細情報
  • 未就園児クラス・プレ幼稚園
  • 富士見幼稚園周辺環境
住所 〒307-0001
茨城県 結城市 結城10584
最寄駅・アクセス方法 JR結城駅
電話番号 0296-32-6464
※お問い合わせの際は「幼稚園ねっとを見た」とお伝えください。
ホームページ http://www.fujimi.jp/
設立 1977年(昭和52年)2月1日
定員 60人
教職員数 10人
卒園児・主な入学小学校
園の特徴 課外教室/預かり保育/満3歳児保育/障がい児入園相談/送迎バス/制服/給食/入園見学会/プール
富士見幼稚園
QRコード
大きな地図を開く
資料請求できません

資料請求ボタンが表示されている幼稚園にはインターネット上から資料を請求する(無料)事が
できます。右の画像をクリックして資料請求ページへお進みください

富士見幼稚園の様子

園長先生からのご挨拶

園長先生のお名前:鮎澤伊江
「生きる力を育てよう。
それには、幼児期に遊び込ませることです」

------------------------------

やる気は、誰の心の中にもあるのでしょうか?

あります。子どもの心の中には、誰にでもあります。何でもいい、何か生活の素材を準備しておくと、子どもたちはすぐに飛びついてきて、本気で取り組み始めます。この「やる気」がとても大切なのです。

やる気をなくした時も大丈夫、ほめてあげると100%、やる気がわいて出てきます。好奇心おう盛で何でも一番でないと気がすまない時期に「やったんだ」という自信をしっかり身につけさせること、これが世の中を生き抜くための生活力と集中力を養う原動力になるのです。

つまり「やる気」とは、

幼児期において十分に遊び込ませること

なのです。

富士見幼稚園の生活は、毎日が生き生きしています。たきぎを燃やし、木を組み立て、園庭を走り回り、 小動物をかわいがり、動物の死に直面してお墓をつくり、種まきをして収穫する・・・。

小さくても子どもたちは日々成長し、現実の世界に向かって走り始めています。必要に応じて数を数え、文字を使い、ケンカをしたり、仲良しになったり、泣いたり笑ったり、一人の人間として、その日その日をまさに生き抜いているのです。

大人社会のありのままの姿を空気のように吸ってははいて、子どもたちは成長していきます。開園から40年以上、私はそんなエネルギーに満ち満ちた園児たちの息吹のようなものを感じ続けてきました。

ふじみの卒業生たちは皆、実社会で活躍しています。各分野でがんばっている卒業生たちの活躍を耳にするたび、私はいつもうれしい気持ちでいっぱいになります。

私たちといっしょに、ふじみっ子を育てませんか?

富士見幼稚園の紹介

3000平方メートル超の最適環境
3000平方メートルを超える充実した園内環境です。多くの方々のご協力をいただきながら、子どもたちにとって最適なものとなるよう、常に整備を続けています。ぜひ一度、お子様と一緒にお立ち寄りください。遊んでみてください。きっと気持ちが、心が、ウキウキしてきます。

付属施設について
手作り、譲り受け、再利用・・・エコロジー的な発想で、保護者の皆様、地元の皆様のご協力のもと、数多くの遊具や施設を知恵と時間を使って少しずつ充実させてきました。いろいろあります。ぜひ見に来てください。

食育への取り組み
子どもたちへ提供する食べ物はとても大切なものであると考えており、当園では以下のような食育方針を徹底しています。

・自給自足を念頭に、とれたての無農薬野菜を使用
・健康と成長に配慮した、ヘルシーなメニュー
・季節に応じた、旬な食べ物を体験
・野菜カレー作りなどを通じて、子どもたちも料理に参加

食事はエネルギーや栄養をとるだけでなく、おいしく楽しく食べることで生活を豊かにするものです。みんなといっしょに「楽しいな、おいしいな」という気持ちをたくさん味わってほしいと願っています。

できるだけ安全な、良い材料を選んでいます
・お米は玄米を購入し、当園でその都度、七分づきや白米に精米しています(五穀米も食べます)。
・野菜、果物は無農薬・低農薬のものを使い、食品添加物をつかったものは避けています。
・おやつは、できるだけ手作りにしています(イリコなど)。

自然の風土に根ざした食生活を目指しています
・旬のものを使って季節にあった献立を組んでいます。
・魚、豆、芋、海草などを使った和風献立をできるだけ取り入れています。
・素材のおいしさを生かすため、薄味に心がけています。

また、アレルギー体質で特定の食品を抜く必要がある場合には、個別にご相談に応じています。

富士見幼稚園の教育方針

自由な環境における生活保育
幼稚園は、学校教育法で定められた一番最初の学校=教育機関のひとつです。そして、学校教育法の中で、幼稚園の目的は次のように明記されています。

学校教育法 第22条
幼稚園は、義務教育及びその後の教育の基礎を培うものとして、幼児を保育し、幼児の健やかな成長のために適当な環境を与えて、その心身の発達を助長することを目的とする。

この基本的な目的をふまえて、当園では、1977年(昭和52年)の創立以来、自由な環境における生活保育を37年以上にわたって実践し、多くの成果を上げています。

「自由な環境」で安心して遊び込むこと

当園では、先生(=保育者)の目が行き届いているので安心です(園児8名あたり保育者1名)。しっかりとした見守りの中で、子どもたちは自由にのびのびと、そして一人ひとりの個性に合わせて遊び込みます。もちろん「自由」とは、決して「放任」ではありません。家庭のしつけができていて、集団生活でのルールを守られることが大前提です。

「生活保育」を通じて基礎を身につける

カラダとアタマを使う、良い絵を観る、良い音楽を聴く・歌う、バランスのとれた美味しいものを食べる、絵本を読んでもらう、人の話を聞く、世の中の動きを知る、世界に目を向ける・・・自由な環境のもと、当園での日々の生活保育を通じて、生きていくために必要な生活技能の基礎を、無理なく自然に子どもたちは身につけていきます。

◎留意事項

当園では、外部の幼児教育関連団体・企業が提供する能力開発教材または教育システムなどを一切利用していません。文字や数、英語などの学習、記憶力の向上などを目的とする指導も特に行っていません。これまでの経験から、小学校、中学校、高校・・・という長い目でみれば、幼児期における早期学習的な教材・教育手法の採用は、子どもたちにとってほとんど意味のないことであり、必要ないと考えているからです。

富士見幼稚園の入園案内

最新の入園案内は当園ウェブサイトをご覧ください
当園ウェブサイト
http://www.fujimi.jp

富士見幼稚園の月謝・費用

当園ウェブサイト
http://www.fujimi.jp

富士見幼稚園の一日

8:40~9:40 徒歩コース、バスコースの子どもたち、登園。
10:00~ 生活あそび、全体活動、課題活動などの組み合わせ。
12:00~ お昼ご飯。お天気の良い日はピクニック気分で。
12:30~ 生活あそび、片づけ。
13:20~ お帰りの準備。絵本を読んだり、歌をうたったりします。
14:00~ 徒歩コース、バスコースの子どもたち、降園。
預かり保育開始。

富士見幼稚園年間行事

4 月 入園式
創立記念日
家庭訪問
手作りこいのぼり染色
タケノコ掘り
10 月 運動会(スポーツフェスティバル)
東京スカイツリー遠足(年中組)
さつまいも収穫
5 月 さつまいも植え付け
お茶会開始
避難訓練
11 月 みかん狩り遠足
大型遊具づくり
客車劇場
お茶会
6 月 プレイデー(ミニ運動会)
客車劇場(人形劇)
ライオンキング遠足
保護者会バザー
12 月 つくるてん(作品展)
もちつき
横浜遠足(年長組)
クリスマス会
7 月 水あそび・プール指導
じゃがいも収穫
ふじみまつり
お泊まり保育(年長組)
1 月 小山高専ロボット体験
こままわし大会
避難訓練
8 月 教職員研修・研究協議会
預かり保育
24時間ソフトボール大会
2 月 節分&祖父母参観
雪すべり遠足
なわとび記録会
こどもかい(発表会)
9 月 入園受付開始
山川不動尊縁日
運動会の練習など
3 月 お別れ会
卒業式
じゃがいも植え付け
上野動物園遠足(年少組)
その他
関連する記事

幼稚園ねっとお勧め商材

ページトップへ戻る